訪問者を考えたホームページを作ろう

企業だけでなく個人でもホームページを作れるようになりましたが、ホームページを作る時には気を付けたいことがあります。一番はホームページを訪れる人のことを考えたレイアウトを組む必要があります。掲載したい情報が山ほどあるかもしれませんが、単にそれらを羅列しただけでは見づらく、何を伝えたいのかが分からないサイトになってしまいます。そこで、見た目にこだわらなければなりません。訪問者からみて分かりやすいレイアウトを意識しましょう。また、連絡が取りやすいようにソーシャルメディアボタンを配置したり、メールアドレスや電話番号をトップページに持ってくるなどしましょう。見た人が気づきやすくわかりやすいホームページを目指すのです。

様々なアクセスを想定しよう

ホームページを作れば、様々なところからアクセスが来ることでしょう。特に多いのがスマホからのアクセスです。パソコンを凌ぐ勢いでスマホからのアクセスは増えています。なのでスマホから見た時に体裁が崩れていないように気をつける必要があります。パソコンよりも画面が小さいので簡単にはみ出てしまう事もあるので、神経を使う作業ではありますが訪問者の事を第一に考えていきましょう。また、インターネットという性質上、海外からのアクセスもありえます。日本語だけのサイトでは相手に理解してもらえない可能性も出てきてしまいます。そこで多言語化をすると便利です。外国語へサイト内容を自動で翻訳してくれるツールが有り、プラグインなどを導入するだけで良く手軽です。

ホームページ制作をしてコンテンツを充実させることは大切ですが、見やすさや利便性を欠いてしまうと発信したい情報が不明確になってしまいます。