ポスターはポイントを押さえれば誰でも作れます

大きなポスターは印刷前に確認が必要

大きなイラストや文字を使ったポスターは商品の宣伝や企業の宣伝等に便利です。学会や企業セミナーで、研究やサービスの紹介用に用いられることもあります。大きなポスターは、通常の家庭用プリンターで印刷することができません。そのため、会社にある専用の大型プリンターを使ったり外部のサービスを利用して印刷します。印刷に使う用紙は大きいだけでなく、ある程度の厚みが必要です。大きなポスターの場合、印刷にしようされるインクの量も多くなります。そのため、一般的なコピーに比べるとポスター印刷代は高額です。印刷し直しがないように、誤字脱字のミスなどがないか念入りに確認しておきましょう。

遠くからでも見やすいように作りましょう

ポスターは、パソコンとソフトがあれば誰でも簡単に作成することができます。デザインする時のポイントは、遠くからでも見やすくすることです。通常の書類に使うようなフォントの大きさだと、ポスターには小さすぎます。どれくらい離れたところから見て欲しいのかよく考えながら、全体のバランスや文字の大きさを考えることが大切です。パソコン上で作成していると、全体のバランスが分かりづらくなります。ある程度作成したら、画面から離れて見たり縮小版をプリントアウトして全体を確認してみましょう。

ポスターの大きさは事前に決めましょう

ポスターの大きさは、飾りたい場所に合わせて選ぶことが大切です。狭いスペースしかない場合は、あえて小さめのポスターを複数枚作って飾ってみるのも良いでしょう。印刷やデザインを後からやり直すのは、非常に手間と余分な費用がかかります。最初に、どれくらいの大きさまで飾れるかちゃんと調べておくことが重要です。

チラシや冊子を作成するときは、格安コピー印刷が利用できます。ただし、紙の大きさによって価格が異なることがあるので注意が必要です。