ホームページのデザインはCMSに頼れば良い

手打ちのホームページにはデザイン性に限界がある

ホームページとは、HTMLとスタイルシートに関する基礎的な知識があれば、無料・有料のレンタルサーバに登録したのち、作成コストを一切かけずに手打ちで作ることも可能です。そして、無料の素材サイトで壁紙やサイトで使うパーツをダウンロードしてきて、ある程度お好みのホームページを作ることが出来ます。しかし、やはりデザイン性には限度があり、より高度なデザインのホームページを作るにはプロの手を借りる必要があります。

クラウド型CMSというものがある

デザイン性に限界を感じた場合、昔はホームページ作成会社に依頼して高いお金をかけてハイクオリティーなデザインのホームページを作ってもらうという手がありました。しかし、それでも業者との感性の違いなどにより望み通りのホームページが出来上がるかどうかはわかりません。そんな中、スキン変更ボタンを押してワンタッチでデザインを変更できるブログというものがあるのと同様に、ワンタッチで基本的デザインを変更できるクラウド型CMSというものがあります。

クラウド型CMSは注目の存在

このクラウド型CMSは、サーバインストールが要らない点が一番大きなポイントで、ブログのように操作画面にログインしてホームページを作る形になります。そして、プロのデザイナーがデザインした基本的なデザイン(レイアウト)が多数用意されているほか、無料の基本デザインで好みのものがない場合は有料販売されているデザインを購入することも出来ます。さらに、無料・有料デザインが随時新規追加されるため、簡単に操作できてハイクオリティーなデザインのホームページも作れるクラウド型CMSは、注目の存在です。

レスポンシブとは、反応が良いということです。また、その他にも感じやすい様子を表現することもあります。