色の基本の三属性を理解して思い通りの配色に

色みを決める色相を理解する

「色相」は、赤や緑、青といった色みの性質のことで、寒暖差などをコントロールする効果があります。赤やオレンジは暖色系と呼ばれ、暖かで楽しげな印象を与えることができます。一方、寒色系と呼ばれるのが青や青緑などです。寒色系には落ち着きや涼しさといったイメージがあります。また、色相を円形に並べたものを色相環といい、この色相環で反対の位置にある色同士はお互いを引き立て合う効果があり、これは補色の関係と呼ばれています。補色を取り入れればユーザーの目をうまく引き付けることができます。

色の明るさを決める明度

「明度」は色の明るさの度合いのことで、白に近づくほど明度は高くなり、黒に近づくほど明度は低くなります。白が最も明度が高く、黒が最も明度が低いということになります。明度には重さや硬さをコントロールする効果があります。高明度の色には軽く軟らかなイメージがあるため、カジュアルな雰囲気を感じてもらいたいときに使用すると効果的です。一方、低明度の色には重く硬いイメージがあるので、高級感のある雰囲気を醸し出したいときに使うと有効です。

色の鮮やかさを決める彩度

「彩度」とは色の鮮やかさの度合いのことです。同じ明度でも灰色が多く加わるほど低彩度になり、灰色が少なくなるほど高明度になります。最も低彩度な色は白、黒、灰色です。高彩度であるほど元気さやアクティブさを感じてもらえ、低彩度ほど穏やかさや落ち着きを感じさせる効果があります。彩度を調整することで、若者向けに色鮮やかなページにしたり、大人向けに落ち着きのあるページを作ったりすることができます。

HTMLは一通り学んだので次はデザインを学びたい、と思っている人はレスポンシブwebデザインを学んでみましょう。より高品質で見やすいでアインが可能になります。