基幹システムとの連携は?ECサイトの作り方を勉強してみよう

目的に応じていろいろなサイトがある

ECサイトはオンラインショッピングと同じように、インターネット上のウェブサイトで取引が行えます。目的に応じて色々なサイトがあり、上手く運用するには基幹システムとの連携も大事です。ECサイトにはインターネットバンキングや、コンテンツの配信サービスも含まれます。単店舗型は自由度が高く、自社の商品を直接売りたい場合に適しています。複数店舗が入るモール型は、参入しやすく低コストで始められるのが魅力です。

ソフトがネットワーク上で提供されている

ECサイトは取引相手によって構築方法も変わってきます。企業から消費者はもちろん企業間や個人間の取引など、基幹システムもタイプ別に用意しなければなりません。業務用のアプリケーションソフトは、ネットワーク上でも提供されています。必要な機能が揃っており、登録するだけで簡単にサイトを作れるのがメリットです。初期費用が安く、サポート体制も手厚くなっています。事業者がアップデートを行っているため、常に最新の状態で使えるのも特徴です。

オープンソースのソフトやパッケージ版も選べる

オープンソースのソフトを使えば、コストも大幅に抑えられます。ライセンス費用や月額利用料がかからず、サーバーのレンタル代だけで運営できるのも魅力です。サポートがないため、何かトラブルがあったときには自分で対応する必要があります。初めてECサイトを作るなら、カスタマイズが豊富なパッケージ版を使うのもおすすめです。管理画面がわかりやすく、ネットの知識がない方でも迷う心配がありません。

基幹システムは、個々の業務で使用するハードやソフトとは違い、会社の経営にとって重要で無くてはならない業務システムです。会社の全部門にまたがる、金銭収支に関する会計業務等が該当します。