バキバキになるのはもう嫌!iPhoneのガラス割れ予防方法

iPhoneのガラス割れは修理費用が高い

iPhoneのガラスが割れてしまうのはよくある故障ですが、よくあるにも関わらず修理費用は高いです。オフィシャルの修理の場合、モデルによっても異なりますが保証に加入していない場合1万5000円から3万円オーバーですし、非正規の修理においても1万円前後は必要です。

修理費用を安くすることは難しいので、割れないように気をつけることが大切になってきます。

まずは割れる要因を減らす

iPhoneの画面ガラスが割れてしまう最も多いのが、iPhoneを落としてしまうことによる割れです。iPhoneは最新のモデルになるとサイズも大きくなっていますし、手の小さい方や女性などの場合持ちにくく落としてしまいやすくなっています。この落とすという現象を減らすためにはiPhoneを持ちやすくするということが必要となりますので、バンカーリングと呼ばれるiPhoneの背面部分に取り付けるリングを活用すると良いでしょう。バンカーリングに指をかけることによって安定した状態でiPhoneを持つことが出来るので滑って落としてしまうなどといったことが起きにくくなるのです。

ケースに入れて使用する

iPhoneを裸で持っている人も多いですが、裸の状態で落としてしまうと当然直接ガラスに衝撃がいってしまう可能性が高まるので割れやすくなってしまいます。ガラスを保護するという意味でもケースに入れて使用すると効果的です。ケースはバンパータイプよりも手帳型のタイプの方が割れ予防としては優れています。

iphoneの修理は、大きな駅の近くにあるiphone修理ショップにて気軽に行うことができます。しかも、価格は公式ショップよりも安くなっています。