ホームページのデザインは重要!良いデザインとは

ホームページの役割を理解しよう

現在ではパソコンだけでなくスマートフォンからもインターネットを利用している方が増えていて、様々な方が企業サイトなどに気軽に触れられるようになっています。ですので、サイトの目玉であるホームページにも工夫をする企業が増えてきています。
しかし、一部の企業はホームページの役割を履き違えていることも少なくありません。
まず、ホームページの役割は企業について知ってもらうというものです。しかし、ここでいうホームページは、企業概要などのことを指しているわけではなく、あくまでイメージを持ってもらう程度のものになります。

役割に見合ったデザインを考えよう

ホームページは、あくまで企業についてイメージを持ってもらう程度の役割を持つことが多いので、それに見合ったデザインを設定することで企業のイメージ向上に繋げることが可能です。
まず、あまり良くないデザインについてですが、文字が多いホームページは基本的に良くありません。文語に関連した企業であれば十分に印象を持ってもらえますが、企業の概要を文章にしてホームページに掲載しているようなデザインは、パッと見て印象が伝わり辛いです。

そのため、ホームページはできるだけ企業のイメージに見合った画像で構成するのが良いです。また、簡潔に書ける追加方針程度ならホームページに一文ほど掲載しても問題ありません。
様々な工夫はありますが、基本的には画像で企業について大まかなイメージを抱いてもらい、文字で修飾する形が望ましいです。

あるホームページを見る時に、パソコンでもスマートホンやタブレットでも見やすいようにレイアウトが画面の大きさに合わせて変化するホームページのデザインをレスポンシブデザインといいます